CROWNS公演

『畳屋のあけび』

脚本・演出 小田竜世

日程:2022年7/6(水)〜7/10(日)
全8ステージ

7/6(水)19:00
7/7(木)14:00/19:00
7/8(金)13:00
7/9(土)14:00/19:00
7/10(日)12:00/16:00

場所:シアター代官山
東京都渋谷区恵比寿西2‐12‐12

【チケット】
指定席
前売り・当日共に 5,000円
https://ticket.corich.jp/apply/143810/000/

【キャスト】
塩崎こうせい
國立幸(劇団ひまわり)
末原拓馬(おぼんろ)

佐瀬弘幸
速水今日子

豊田茂(青年座)
土田卓(弾丸MAMAER)
佐藤信也(疾駆猿)
椎名亜音(劇団6番シード)
平山空(企画演劇集団ボクラ団義)
大塚由祈子(アマヤドリ)
なしお成(電動夏子安置システム)

小山洋平
吉田智美
阪本瑞葉

大多和愛子 

【スタッフ】
作・演出:小田竜世
舞台監督:水澤桃花(箱馬研究所)/新谷太/みさわだいち(Team 連)
音響:田島誠治(SoundGimmick)
照明:阿部将之(LICHT-ER)
衣装:FEVER DRAGON NEO
美術:大辻酒造
チラシ製作・スチール撮影:YOH
ティザー映像:森田佳奈世(LICHT-ERve.)
映像撮影:松田未生(舞台TV)
制作:吉田千尋(LUCKUP)
プロデューサー:塩崎こうせい
主催:FEVER DRAGON NEO
企画:CROWNS
あらすじ
東京下町、あけびの木がある借家街。
八十島家の管理するその家に一人の居候の物書きがいた。
多々良聡一。素朴で朴訥とした男である。
そんな聡一の部屋には、様々な人間が暇を潰しにやって来る。小さな集会場のようであった。
ある日、小春というホステスが、酔っ払い聡一の部屋に入り込む。大家の妹、秋子の店で働く女性であった。
聡一は驚きながらも、話しをしているうちに小春に惹かれていく。
そんな折、聡一がゴーストライターをやっている作品が大きな賞を受賞する事となる。
本人以上に喜ぶ大物作家の菅原や、聡一を取り巻く近所の住人達。
受賞を期に、これから一人前の小説家としての一歩を踏み出そうとしたその時、
聡一の若年性認知症が始まる。
日に日に認知は進行した。
小春日和の中、聡一は小春と共に、聡一である日々を大切に過ごしてゆく。。


【お客様へ】

出演者への面会は、今回も残念ながら“なし”とさせていただきます。

出演者への贈り物やお手紙は、受付プレゼントBOXにてお預かりし、スタッフから
出演者へお渡しとなります。
なお、
・手作りの飲食物
・生もの
は、お預かりできません。ご了承下さい。

スタンド花に関しては、今回は、ご手配はお控えくださいますようお願いいたします。

皆様に安心して見ていただけるよう感染症対策を講じてまいります。ご協力のほど、よろしくお願い致します。